FC2ブログ

もっと頑張ろうぜ

情報提供サイト、皆様の役立つ情報を私なりの観点から解説します。

iphone5 LTEの範囲拡大

ソフトバンクは、イー・アクセス(データ通信会社)の子会社化を正式発表しました。

イー・アクセスの通信網を取り込むことにより、LTEの範囲が拡大します。
つまり通信範囲が大幅に改善される事になります。

これによって、auのLTE範囲の半分以下だったソフトバンクが、
今度は逆転して、auのより、約2倍以上の範囲に拡大される事になります。

その他、デザリングは、auは既に対応済みですが、ソフトバンクは、来年1月を予定してましたが、
今年の12月15日から提供を開始します。

予備知識
*デザリングとは、
*スマートフォン(iphoneを含む)などの単体で通信可能なコンピューター端末を、
*パソコンなどの他の機器と接続して外付けのモデムのように扱い、それを経由して接続する。
ぶっちゃけ、スマートフォンの通信を利用して、通信可能な物と接続して、ネットを出来るようにする事ですね。


デザリングの規制。(auとソフトバンクとも同様の内容です。)
スマートフォンだけで、通信をしている分には、通信の規制はないですが、
デザリングを開始する事により、1ヶ月の通信料が7GBを超えると
月末までの通信速度が送受信時最大128kbpsに制限されます。

そこで、7GB規制とはどのぐらいの通信内容なのか調べてみました。
朝9時から夕方5時までの8時間稼働。
パソコンで動画を見たり、ネットで検索、100件ぐらい
8時間稼働はしてますが、作業自体の合計は、2時間ぐらい。
これで、Microsoft Network Monitor のソフトで検証したところ、
0.2GBでした。
これで一カ月稼働するとして、0.2x31日=6.2GBとなります。
つまりは、規制の7GBまで余裕がある事が解ります。
これは、あくまでも私の目安なのでご了承ください。

ネットでは、7GBチェッカー、なるオンライン上で目安が解るものもあるそうです。


追記。
今までは、iphoneだけでしたが、今度は、スマートフォン106SHを購入しました。
今後は、比較して色々と違いなども提供していきたいと思います。
スポンサーサイト




テーマ:スマートフォン - ジャンル:携帯電話・PHS

携帯電話 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<ドコモユーザー | HOME | 迫る違法DL刑罰化によるネット民不安>>

この記事のコメント

コメントの投稿















コメント非公開の場合はチェック

この記事のトラックバック

| HOME |