FC2ブログ

もっと頑張ろうぜ

情報提供サイト、皆様の役立つ情報を私なりの観点から解説します。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

家電量販店の保証の違い

一番のおススメは、ケーズデンキです。
日本製、海外製に関わらず、保証は5年と10年があります。
その間何度故障しても、料金はかかりません。
ただ一点注意点として、購入金額を超える料金がかかった場合は商品の交換になるそうです。

ヨドバシカメラではどうか、海外メーカーについては対象ではなと言うことです。
当然メーカー保証の一年はついてきます。
そして一番厄介なのは、年数がよって保証の対象が減っていきます。
私の知りうる限りでは、2年目は80%と、3年目は50%と保証してくれますが、
それ以外にかかった金額は、自費が発生します。

ヤマダ電気ではどうか、海外メーカーについては、ヨドバシカメラと一緒です。
その他、5年保証を例に説明すると、金額を超えるまでは、何度でも保証しますが、
金額を超えると保証は消えてしまいます。

私は、何を買うにも保証を一番に考えるので、
あなたは、何を基準に商品を購入しますか。

スポンサーサイト
パソコン | コメント:0 |

クローンの作成方法。

今年の正月は、パソコンのHDDについて色々と整理しましたので、
そのまとめを書いておこうと思います。

まず用意したもの。
1・・・.玄人志向 HDDスタンド 、(HDD/SSDのまるごとコピー用。)

2・・・2.5インチ SATA SSD/HDD用 外付けケース

3・・・EaseUS Todo Backup、クローン作成用ソフト無料

1・・・については、パソコンいらずで、クローンの作成が出来ます。
HDDからHDD、SSDからSSD、HDDからSSD、SSDからHDD
注意点として、コピー先は、コピー元のサイズ以上のサイズが必要となりますので
コピー先がコピー元よりサイズが小さいとコピー出来ません。

それでは、先が元より小さいサイズにコピーする為には、ソフトで行う必要があります。
ここで紹介するのは、SSDにクローンを作成する場合です。

2・・・は、SSDを入れるケースです、USBでパソコンと接続します。
3・・・のソフトを使用して簡単にクローンが作成出来ます。

ノートパソコンのHDD(320GB)→SSD(256GB)のクローン作成しました。
時間は3時間ぐらいです。

入れ替えして、無事に起動しました。
やはり、起動する時はドキドキしましたね(笑。

追記。
SSD購入時、フォーマットされていない事が多いと思われますので、
USBで接続した場合、ドライブとして認識されていない為、フォーマットする必要があります。
コントロールパネルにて、管理ツール→コンピューター管理→ディスクの管理を選択すると、
フォーマットのボックスが表示されます。

パソコン | コメント:0 |
| HOME |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。